ロシア名物ボルシチの美味しい作り方

最終更新: 2月23日

【材料】2per

  • A,ブイヨン用(肉の煮込みの際の材料) 水 2リットル

  • 食塩 ひとつまみ(3本指で摘んだ量1.5g)→最初のアクを取ってから入れる

  • 国産豚スペアリブ(骨付豚バラ肉300g前後)

  • 玉ねぎ 大きめ1個(1/4カットにする)

  • 人参 1本(皮付きで乱切りにする)

  • 皮付きにんにく大きめ 2個

  • ホワイトペッパーホール 20粒ほど

  • ローリエ 1枚 ※全ての材料を鍋に入れて、水から沸騰させる。

  • B,S&W社スライスビーツ水煮内容総量411g(固形量200g) 今回は固形量100g、液体は半分量使用 →余ったらサラダに使ってください。

  • 上記のブイヨン(肉の煮汁)50ml

  • トマトペースト 9g(必ず入れる)

  • レモン果汁(1/8量)→火を止めてから絞りいれる ※鍋に入れて温める

  • C,玉ねぎ 120g (スライス)

  • 人参 40g (スライス)

  • 赤パプリカ 半分 (スライス)

  • ※有塩バター20g&オリーブオイル20gで炒める

  • D,キャベツ短冊ぎり 上記のブイヨン(肉の煮汁)180cc×3杯(540ml)

  • 塩 ひとつまみ(3本指で摘んだ量1.5g) ※蓋をして柔らかくなるまで煮込む

  • サワークリーム 100g →必ず使う味の要、盛り付けの際に使用

  • パセリ

  • レモン果汁(お好みで食べる時に絞る)

【ステップ】

①Aの材料でブイヨンを作る1時間にて30〜1時間放置

②Bの材料をカットし鍋に入れ軽く温めておく

③Cの材料をソテーする

④Dの材料を煮込む

⑤③をDの中に入れて2分ほど煮込む

⑥⑤の鍋に①の肉を入れる

⑥の鍋に②を合わせて盛り付ける

⑦仕上げにサワークリーム、パセリ、レモン果汁をお好みで絞る

【ポイント】

・本来は各家庭で自家製の「サーロ」という物を入れて味に個性と深みを出します。

・ブイヨンは前日に作れば更に美味しさが増します。

・色は強烈ですが、とても地味深く優しく甘いスープ感覚の一皿です。

・ロシア版「肉じゃが」と言ったような感覚の位置付けの家庭料理です。

・サワークリームとレモンの酸味はボルシチにとって必要不可欠な調味料です。


【おすすめ情報】

料理上手になる考え方とコツをVoicyで公開中! 👈

見逃さないように登録フォローもお願いします!


プロおすすめ調理道具をチェック】👈


【レシピ使用食材】↓


最新記事

すべて表示